脱サラ 起業 資金

「脱サラして起業」資金はいくら必要か?

サラリーマンとして働いている人が、サラリーマンを辞めて自分の店を出そう!と考えることは、別に珍しいことではありません。今の雇用形態に不満がある、給料に不満があるなど、サラリーマンを辞めたいと思う理由は様々です。

 

さて、実際に「脱サラして起業しよう」と思ったとき、
資金はいくらくらい必要なのでしょうか。

 

どのような店舗を構えるのか、事業形態はどうするのか、職種は何にするのか…
これらによって、用意するべき資金額はかなり変わってくると思います。

 

どんな事業にするにしろ、最低でも100万円は用意したいところです。
起業したばかりの頃は、正直「利益」はあまり見込めません。

 

店舗の賃貸料、在庫の確保、機械の購入などでかなりの費用が必要となり、
実際に利益が出るのはしばらく経ってからということになります。

 

つまり、起業したあとで利益が出るまでの間の生活費なども必要となりますので、
余裕をもって500万円ほどは用意しておきたいところですね。

 

フランチャイズで起業を始めると、フランチャイズ本部に加盟金を払ってから
お店を始めることになります。

 

それだけでなく、毎月の売り上げから「ロイヤルティ」という費用を
フランチャイズ本部に払うことになります。

 

このようなものはありますが、フランチャイズで起業するほうが
明らかに成功する確率が高いのでおすすめです。

 

集客面が楽というのは、フランチャイズの最大のメリットです。
1から始める起業より、資金が少なくすむというメリットもあります。

 

あまり多額の資金を用意できないという人は、なおさらフランチャイズが良いでしょう。

 

フランチャイズでの起業を考えている人は、
一度「BMフランチャイズ」というサイトで資料請求をしてみることをおすすめします。

 

BMフランチャイズの公式サイトはこちら