脱サラ 起業 田舎

脱サラして田舎で起業するためには?

「脱サラ」とは、「脱サラリーマン」つまりサラリーマンを辞めるということです。今の日本において、ほとんどの人はサラリーマンに値します。

 

会社に雇われ、会社から給料を貰っていますよね。近頃の不況も影響してか、思うような金額がもらえない、などの不満を抱えている人は多いです。

 

転職しても結局はあまり変わらず、だったらいっそのこと脱サラして起業するか!と意気込んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

起業すると言っても、「どこで」「なにを」するのかは決めていますか?
今回は、脱サラして「田舎で」起業するときの話をしようと思います。

 

「田舎」というと、どのようなところをイメージしますか?
田んぼや畑ばかりののどかな風景、自然豊かな風景、などを思い浮かべる人も多いと思います。

 

このような田舎は、都会と比べて土地や建物の賃貸料が安いというメリットがあります。

 

しかし、集客に関してはどうでしょう。住人の少ない田舎で起業する場合、
職種を誤ると集客がほとんど見込めないということもあり得るのです。

 

ですから、事前にきちんと現場のリサーチをしておく必要があると思います。
最近は脱サラして、田舎で農業を営む人も増えているそうですよ。

 

お店を開くのなら、断然フランチャイズがおすすめです。

 

「BMフランチャイズ」というサイトなら、何件でも無料で資料請求が可能です。
地域からおすすめのフランチャイズ起業を比較することもできますよ。

 

脱サラして田舎で起業しようと考えているのなら、
「BMフランチャイズ」に目を通してみることをおすすめしますよ。

 

BMフランチャイズの公式サイトはこちら